2008年09月16日

海外就職を実現するための行動力

スポンサードリンク

  海外就職を実現させるためには何が必要なのでしょうか?

 私は、まず何よりも行動力が大事だと考えています。

 海外就職を実現するための第一歩の行動として、そもそも自分が何故海外で働きたいと思うのかを、きちんとまとめてみることをオススメします。海外就職することで何を得たいのか、そしてどんな人間になりたいのかをきちんと整理することが大切です。それがないと、いつまでたっても行動を起こすことはできないでしょう。

 海外就職をする動機をきちんと整理ができたら、次は実際に自分ができることから行動を起こすことが大切です。さまざまな情報を見ても、海外就職は難しいといった情報ばかりだと思います。しかし頭の中でいろいろと考えて動かないよりは、まずは動くことが大切です。動きながら考えることで、何かが見えてくることもあります。

 海外就職に必要な行動力には、例えば募集広告に応募をしてみる、海外就職を専門に扱っている人材会社に登録をしてみるといった方法があります。これらの場合は、まずは自分にできることを限定せずに、興味がある職業に対して積極的な姿勢で取り組むことです。想像もしなかった会社の求人をゲットできるかもしれません。

 海外就職を実現している人には、、もっと積極的に行動する行動派な人もいるようです。例えば、とりあえずさまざまな企業にメールをして、面接を受けまくる人や、自分の実力を分かってもらうために無給で働く人もいるようです。1社が落ちても、次の会社を受け続けるという積極姿勢が大切です。そしてその活動の中で、海外の就職事情を理解することができ、海外就職の道が開けてきます。

 まず、動きましょう。その中で、見えてくる道がきっとあると思います。








【PR】アリッサクレマ エッセンス
posted by 海外就職 at 01:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 海外就職

2008年07月24日

海外で使える手に職を持とう

スポンサードリンク

 海外就職をするためには、労働ビザが必要となるということは、以前申し上げたとおりですが、この労働ビザを取得するためには、就職先を決めておかなければなりません。

 ですが、どのように就職先を決めたらよいか分からない人がほとんどだと思います。日本人が海外就職しやすい職種などはあるのでしょうか。

 このブログで、海外就職したい皆さんにお勧めしておきたいのは、海外で使えそうな手に職を持っておく、ということです。

 海外就職である程度カンタンに就職できそうな職種としたら、やはり寿司屋さんや日本料理店などでしょう。寿司職人としてや和食の調理人などとして働くことが出来ます。このような寿司屋さんや和食料理店などでは、日本人でないと勤まらない職業ですので、就職できる可能性は高いです。

 海外就職しやすい職業としては、日本人観光客を相手にした仕事などもあります。例えばスキューバダイビングのインストラクターなどは、事故等がおきると命に関わることがあります。そのようなケースになった場合、日本語が話せないと緊急対応ができないことがありますので、このような職業でも働くことはできそうです。

 海外就職が比較的容易にできる職業を見てみても、寿司食人やスキューバダイビングなどからも分かるとおり、ある程度の専門技能は必要なことがわかります。スキューバダイビングなどは海外で比較的安くライセンスを取得できますので、利用してみると良いかもしれません。

 他にも、海外で使えそうな手に職を持っておくことで、就職先がみつかるかもしれません。

 ポイントは、海外で日本人観光客相手になる仕事、もしくは日本の文化に関わるもので、海外で人気があるものについての技術、といったところでしょうか。

 今のあなたと同じように、日本から出て世界で仕事をしてみたい、という人の為に受け皿になるような職場を作ってあげられる人が増えたらな、と思います。手に職をつけることで、あなたが将来的にはそういう人物になれるかもしれませんね。
posted by 海外就職 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外就職

2008年02月25日

ワーキングホリデービザのすすめ

スポンサードリンク

 ワーキングホリデービザは、なかなか労働ビザが取得できない人の抜け道として、おすすめだと思います。海外就職をしたいけど、労働ビザを取得できそうもないという人は、ワーキングホリデービザを積極的に考えてみてはどうでしょうか。

 ワーキングホリデービザは、現在8ヵ国が対象となっています。それぞれオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・ドイツ・イギリス・アイルランドとなっています。

 ワーキングホリデー制度は、最長1年間に渡って、休暇を楽しみながら異文化に触れ、滞在資金を得るために働くことを認めるという特別な制度となります。ワーキングホリデー制度は両国の青少年をお互いに長期にわたり受け入れることで、国際的視野をもった人間を育むとともに、両国間の相互理解や友好の促進を果たすことを目的としています。

 ワーキングホリデービザの欠点としては、この1年という期間の制限くらいのものです。なるべく海外で長くはたらきたい、という人向きではないかもしれませんが、取得のしやすさは魅力です。

 では、ワーキングホリデーを利用するためには、どのような条件が必要なのでしょうか?ここではオーストラリアを例にお話したいと思います。オーストラリアとワーキングホリデー制度を利用出来るようになったのは1980年からと、他の国の中では一番最初に利用出来るようになりました。

 まずは年齢制限があります。18才から30才までの子供のいない方で、オーストラリアでの主目的が休暇を過ごす目的であること、という条件があります。それから大事なのは十分な資金を有することという項目です。オーストラリアでは残高証明書の提示は不要とのことですが、他の国では必要なところがあるようです。

 ただし学生さんや、就職前の人が短期間海外ではたらきたい、という時には、これ以上の選択肢はないでしょう。
posted by 海外就職 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外就職