2008年07月24日

海外で使える手に職を持とう

スポンサードリンク

 海外就職をするためには、労働ビザが必要となるということは、以前申し上げたとおりですが、この労働ビザを取得するためには、就職先を決めておかなければなりません。

 ですが、どのように就職先を決めたらよいか分からない人がほとんどだと思います。日本人が海外就職しやすい職種などはあるのでしょうか。

 このブログで、海外就職したい皆さんにお勧めしておきたいのは、海外で使えそうな手に職を持っておく、ということです。

 海外就職である程度カンタンに就職できそうな職種としたら、やはり寿司屋さんや日本料理店などでしょう。寿司職人としてや和食の調理人などとして働くことが出来ます。このような寿司屋さんや和食料理店などでは、日本人でないと勤まらない職業ですので、就職できる可能性は高いです。

 海外就職しやすい職業としては、日本人観光客を相手にした仕事などもあります。例えばスキューバダイビングのインストラクターなどは、事故等がおきると命に関わることがあります。そのようなケースになった場合、日本語が話せないと緊急対応ができないことがありますので、このような職業でも働くことはできそうです。

 海外就職が比較的容易にできる職業を見てみても、寿司食人やスキューバダイビングなどからも分かるとおり、ある程度の専門技能は必要なことがわかります。スキューバダイビングなどは海外で比較的安くライセンスを取得できますので、利用してみると良いかもしれません。

 他にも、海外で使えそうな手に職を持っておくことで、就職先がみつかるかもしれません。

 ポイントは、海外で日本人観光客相手になる仕事、もしくは日本の文化に関わるもので、海外で人気があるものについての技術、といったところでしょうか。

 今のあなたと同じように、日本から出て世界で仕事をしてみたい、という人の為に受け皿になるような職場を作ってあげられる人が増えたらな、と思います。手に職をつけることで、あなたが将来的にはそういう人物になれるかもしれませんね。
posted by 海外就職 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外就職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17286893

この記事へのトラックバック