2007年08月25日

海外就職に必要な労働ビザの取得の仕方

スポンサードリンク



海外就職に必要な労働ビザですが、どのようにしたら取得ができるのか、ここできちんと把握しておきましょう。

 まず労働ビザを申請するにはスポンサーが必要となります。スポンサーには、雇用主と交渉してなってもらうことが必要です。スポンサーなしでは労働ビザの申請はできませんので、この点は必ず覚えておきましょう。

 海外就職に必要な労働ビザはスポンサーなしでは申請ができませんので、申請時までに就職するところ、つまり雇用主が決まっていなければいけません。ここで注意してほしいことは、ビザを申請、取得してから雇用先を決めることはできないということです。まずは就職先を決めておくことが労働ビザ取得の前提条件となるわけです。

 労働ビザを申請する前に、働く国で従事する予定の職種の詳細や給与額などが書かれた雇用確約証明書を用意する必要があるのです。これは雇用主に書いてもらえます。

 それから雇用主の財務状態などの書類、自分の日本での学歴や職務経験などを証明する書類が必要です。これらの書類をきちんとそろえて移民局などの機関に提出することになります。

 海外就職に必要な労働ビザを取得するためには、さまざまな手続き書類や条件があるようです。これらの手続きも含めて、労働ビザを取得できる難易度は各国ともさまざまです。よく言われるのが、ヨーロッパ諸国は労働ビザを取得するのは難しいということです。また反対にニュージーランドやシンガポールは比較的難しくはないようです。
posted by 海外就職 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外就職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5206182

この記事へのトラックバック